一人暮らしが決まったら賃貸住宅をチェックしてみよう

副都心の中で住みやすい

マンション

池袋の賃貸料の平均は、ワンルームで76000円と安く住みやすい街として選ばれている。買いものする場所が駅に直結しているのも良い点である。食料品以外にファッションや化粧品、インテリア用品などなんでも揃う。

もっと見る

物件の下見と費用

建物

下見を必ず行おう

上京して一人暮らしを始めると決めたら、賃貸物件探しを始めましょう。賃貸物件を選ぶときは、物件の下見が欠かせません。下見をしていないと、思っていたより日当たりが良くなかったり騒音問題に悩まされることもあるので注意しましょう。現在、東京から遠い場所に暮らしているのであれば、1日で数件の物件を見て回れるようにあらかじめ気になる物件をピックアップしておきましょう。不動産会社に来てから物件探しを始めようとすると時間がかかってしまうので、東京に出かけるときは下見を中心に行うと良いでしょう。中央区の賃貸物件を探すときは、インターネットの不動産情報サイトを活用して、自分の希望条件に合う物件をいくつかピックアップしてみましょう。

物件を借りるときの費用

中央区で賃貸物件を借りるときは、初期費用として4〜5ヶ月分の家賃が必要になります。加えて、テレビや冷蔵庫など生活に必要な必需品を一通り揃える費用も必要になります。中央区で家賃の安い賃貸物件を借りられたとしても、新生活を始めるときは最低でも50万円前後の費用が必要になります。月々の家賃だけ払えれば家を借りることができると思っている人は考え方をあらためて、今から新生活に必要な費用を準備するようにしましょう。中央区で賃貸物件を借りるときの初期費用を出来るだけ安く抑えたいのであれば、マンスリーマンションを借りたり、家電家具のレンタルサービスを利用する方法があります。マンスリーマンションであれば敷金や礼金などの初期費用がかからないので、1ヶ月分の家賃さえ用意できれば借りることができます。

すぐに暮らすことが出来る

模型

人気の高い家具付き賃貸ですが、家具や家電が既に備え付けられているということで、急な出張などに便利です。またオプションを付けることが出来る場合もあり、布団一式や料理道具一式、そしてwifiルーターなどが人気です。

もっと見る

料金の支払い方法

集合住宅

新橋で一人暮らしを始めるときは、公共料金や家賃の支払いをクレジットカードに変更してみましょう。クレジットカード払いにすることで、毎月ポイントを効率よく貯めていくことができるようになります。賃貸物件で初めて一人暮らしをするときは、電気を使い過ぎないように注意しましょう。

もっと見る