副都心の中で住みやすい|一人暮らしが決まったら賃貸住宅をチェックしてみよう

一人暮らしが決まったら賃貸住宅をチェックしてみよう

副都心の中で住みやすい

マンション

注意が必要

副都心の中で1番一人暮らしに適している街と言われているのが「池袋」である。地域によって治安の良いところと悪いところの差はあるが、沿線の数が多くアクセスが良いのが魅力だ。最も環境が良いのは目白方面へ続く南側で、その後西側東側と続く。北側は地域によって住む場所としてふさわしくないところがあるので注意が必要である。池袋は買いものに便利なことも住みやすい街に選ばれる理由のひとつだ。食料品を販売しているお店が駅に直結しているのも利点である。また、食料品以外にファッションや化粧品、インテリア用品などなんでもここで揃う。賃貸料はややばらつきがあるが、ワンルームの中央値は76000円で駅から近いほど高くなる。

分譲が良い

池袋南側は静かな住宅地が広がり、落ち着いているので安心感がある。夜はひっそりとしているがコンビニがあり街灯も明るいので、女性もまわりを気にせずに歩ける。池袋で部屋を借りるとき賃貸料や環境に気を取られてしまうことも多いが、災害に備えておくことも忘れてはならない。住んでから後悔することがないように、建物の築年数と構造は必ず調べておくようにする。マンションの場合は元々購入する人のために建てられた分譲タイプを選ぶと良い。分譲タイプは構造や設備などより厳しい基準で建てられているので安全性が高いと言える。また、大家さんが自分の収入のために建てた賃貸物件は分譲ほど優れていないが、賃貸料が安いのがメリットだ。